【基礎知識】栄養士のいろは

栄養士のお仕事大百科 » 【基礎知識】栄養士のいろは

栄養士とはどんなお仕事

ここでは栄養士についての基礎知識を紹介していきます。栄養士になりたいと思っている方、栄養士の資格を持っているけどあまり詳しいことを知らない、といった方はぜひ参考にしてください。

栄養士と管理栄養士との違い

栄養士と管理栄養士との違いについてわかりやすくまとめています。



栄養士の平均年収

気になる栄養士の平均年収を企業規模別に調べました。



栄養士に向いている人・向いていない人

栄養士に向いている人はどんな人? ただ食に関する知識があるだけでは勤まらないようです。



栄養士が取得しておくと有利な資格

栄養士の知識をより広げてくれる資格があります。取得しておくと有利になれる資格を5つご紹介しています。



栄養士が退職する理由

せっかく好きな仕事に就いたのに、退職してしまう栄養士が多く、その理由を探ってみました。



栄養士の将来性

高齢化社会に入り、ますます活躍が期待される栄養士。それぞれの事業所で担う役割も増えてきています。今後はさらに活躍の場が広がるでしょう。



栄養士と調理師との違いについて

調理師と栄養士は食の分野で活躍する、という意味で同じように考えられる仕事ですが、調理師は調理のプロ、栄養士は栄養のプロとしてそれぞれ役割が異なります。

どのような違いがあるのかを知ると、どちらの資格を取得したら良いのかもわかりやすくなるでしょう。食の分野で活躍する調理師と栄養士の違いについて、ご紹介します。



働きながら管理栄養士の資格を取得する方法

管理栄養士になるには、栄養士の資格を取得してからさらに実務経験を積まなくてはなりません。取得するのが難しい資格ではありますが、一度取得してしまえば一生使えます。

働きながらでも、管理栄養士の資格を取得するための勉強は可能です。一度社会人として働き始めてから、どのように管理栄養士を目指したら良いのか、資格を取得する方法やポイントについて調査しました。



栄養士の資格を取得するメリット

栄養士は国家資格です。一生使える資格であるため、得られるメリットは様々。安定した職業なので、これからも活躍できる場所はますます増えていくでしょう。資格がある、そして一生使える、という点はかなり大きなメリットではないでしょうか。

また、女性にとっては職場復帰もしやすく転職先も見つけやすい、というメリットもあります。子育てや介護など、自分の家族のためにも知識を活かすことができます。その他、栄養士の資格を取得することで得られるメリットについて、より詳しくご紹介します。



ブランクがあっても復帰できるか

一度仕事を辞めてしまいブランクがあると、仕事復帰ができるかどうか不安ですよね。資格職である栄養士の仕事は、比較的復帰もしやすいです。ただし専門職として扱われるため、ブランクがあるからといってわからない、できないでは済まされません。ちゃんと知識を更新して、専門職として即戦力となれるような実力を身につけておきましょう。



子育てしながら栄養士はできるのか

子育てと仕事の両立はしたいけれど現実はなかなか難しい…と仕事を辞めてしまう女性もまだまだ多いです。一度仕事を辞めてしまうと、また働き出すのは勇気がいりますよね。そんな中、栄養士は子育てとの両立がしやすい仕事といわれています。

子育てに理解のある職場も多いです。とはいえ、子育てと仕事の両立をうまくするために、考えておかなくてはいけないことがあります。どのように両立させれば良いのか、勤務の仕方や職場の選び方を考えてみましょう。



栄養士と栄養教諭の違いは?

最近の小・中学校では、児童・生徒たちに栄養指導をする栄養教諭が在籍しています。これまでにも、学校で働く栄養士は存在していましたが、教壇に立ち、食育についての授業をおこなうといったことはしてきませんでした。

栄養士と栄養教諭、このふたつの職種はとても混同しやすいのですが、実ははっきりと別の職種として区別されています。仕事内容の違いや栄養教諭になるために必要なスキルなどについて、詳しく解説していきます。



栄養士認定試験

栄養士として働く自分の現在の実力を試すことを目的とした栄養士認定試験があります。正式名称は「栄養士実力認定試験」というもので、一般社会法人 全国栄養士養成施設協会の主催で、毎年試験がおこなわれています。

栄養士になりたい人が必ずしも受けなければならない試験かといえば、実はそうではありません。しかし、この試験を受けることによるメリットはたくさんあります。試験の概要や受験のメリット、スキルについて詳しく紹介していきます。



栄養士の特定保健指導とは?

特定保健指導とは、特定検診で内臓脂肪の蓄積によるメタボリックシンドロームを指摘された人に対して、管理栄養士が食生活の改善などを促す指導をおこなうことをいいます。

特定保健指導は、対象者に対して栄養士から情報提供をすることに留まるものではなく、対象者が積極的に食生活を改善できるよう是正を促すといった質の高い指導力が求められます。特定保健指導管理栄養士の具体的な仕事内容と必要なスキルについて、詳しく解説していきます。



栄養士とフードスペシャリストの違い

栄養士とフードスペシャリストは何が違うのでしょうか?資格としての違い?職業領域の違い?職務内容の違い?色んな視点でみることができる栄養士とフードスペシャリストですが、何がどのように違うのか、フードスペシャリストの資格取得情報と合せて確認していきましょう。ここでは、栄養士とフードスペシャリストの違いについてご紹介します。



フードサイエンティストとは?

その名が示す通り、「食」を「科学」するフードサイエンティスト。活躍できるフィールドは、商品開発から食品工場の衛生管理まで実に様々です。食を取り囲む環境を科学的なアプローチによって、「おいしい」から「安全」までを研究。ここでは資格の取得方法から将来性に至るまで踏み込んで解説いたします。



栄養サポートチーム(NST)専門療法士と管理栄養士の関係は?

NST(Nutrition Support Team=栄養サポートチーム)とは、栄養状態の患者を対象として栄養管理を行ない、医療スタッフがチームを組んでサポートすることを表します。専門療法士になるには、日本静脈経腸栄養学会の定めた認定規定をクリアしなければなりません。その認定の一つに、管理栄養士等の国家資格を有することとありますので、管理栄養士の資格を有しているのであれば有利になりそうです。ちなみに、このNSTは、ほかの医療チームと連携して患者さんのサポートをすることも多いのだとか。こちらのページより確認してみましょう。



栄養士が重用な役割を担うアレルギー対応

栄養士の仕事の中でも最近その重要度が高まってきている食物アレルギーへの対応。学校給食などではアレルゲンとなる食物の完全除去という対応が行われていますが、個々の食物アレルギーと向き合うためには、さらに専門性の高い知識と正しい対応が栄養士に求められるようになりました。



栄養士が衛生管理で気をつけるべきポイント

給食事業においても飲食店においても、食の安全は「衛生管理」がなくては担保できません。栄養士の免許を持っていれば食品衛生責任者の資格があるため、必要があれば食品衛生上の不備を経営者に進言して改善させたり、従業員への衛生教育を徹底的に行ったりする使命が栄養士にはあります。東京オリンピック2020の開催などの影響もあり、食品衛生法などが改正され、国際的な衛生管理の導入も推進されています。



どうすれば自信を持って栄養指導できる栄養士になれる?

新卒や第二新卒、栄養士の仕事で実務デビューをしていない場合、栄養指導に対する苦手意識や不安を感じてしまう人も多いかもしれません。自信を持って栄養指導ができるようになるためにはどのような点に注意すればいいのか、栄養指導をしている相手に「憂うつな顔」をされないコツはあるのか、栄養指導の現場で直面する矛盾や疑問について考えてみました。



栄養士としてスキルアップするためにはどうすればいい?

栄養士のベースとなるスキルアップの原動力には「食への探究心」「調理スキル」「サービス精神」の3つがあります。また、栄養士としてスキルアップするためには生涯学習の精神も不可欠です。栄養学などの専門知識だけでなく、コミュニケーション能力も求められる栄養士がスキルアップする方法にはどのようなものがあるのでしょうか。



栄養士として未経験の場合に注意すべきことはある?

大学や短大、専門学校などで栄養士免許を取得してはいるものの、まだ栄養士として社会に出ていない新卒や第二新卒の人は、いきなり実務デビューできるものなのでしょうか。また栄養士未経験でもできる仕事にはどのようなものがあって、未経験者にはハードルが高い仕事にはどのようなものがあるのでしょう。実際の求人サイトを参照しながら確認していきます。



栄養士が受けられる研修にはどのようなものがある?

生涯学習ともいわれる栄養士はプロとして社会に出ても、さまざまなセミナーや研修を受けて勉強を続けていく必要があります。より専門性の高い知識を獲得し実務に活かすために受けるべき研修には、どのようなものがあるのでしょうか。このサイトを監修してくれた株式会社グリーンハウスの生涯教育の仕組みなどを参照しながら、栄養士が活躍していく上でなくてはならない研修についてリサーチしました。



土日に休める栄養士の仕事にはどんなものがあるの?

栄養士として社会に出るための職探しで、あなたがどうしても譲れない条件とはどのようなものでしょうか。ここでは「土日休み」という条件にスポットを当てて仕事を探すときのポイントや注意点について整理してみました。どうしても週末は休みたい、祝日は仕事をしたくないという人に向いている仕事はどのようなものがあるのかチェックしていきます。最近メディアに取り上げられることが多い、一般人でもランチが食べられる話題の社員食堂なども紹介しています。