委託給食会社の栄養士・管理栄養士の仕事

栄養士のお仕事大百科 » 栄養士が活躍できる人気の就職先 » 委託給食会社の栄養士・管理栄養士の仕事

委託給食会社の栄養士の職場

委託給食会社とは、病院・高齢者介護施設・学校・企業と契約し、各施設で食事を提供する企業のこと。委託給食会社に就職した栄養士は、その委託給食会社が契約している施設で働きます。主な職場は以下の通りです。

  • 病院
  • 高齢者介護施設等
  • 学校(給食センター)
  • 幼稚園・保育園
  • 社員食堂

など

病院

病院に入院中の患者に提供される食事は治療の一環として位置づけられ、全てが治療食として扱われます。(一般治療食と特別治療食に区分)

患者の嗜好やニーズを把握して満足度の高い食事を提供したり、更に栄養管理が必要な入院患者に対し、医師や看護師等と協力しながら、それぞれの患者に合わせた個別メニューを考案・提供することも病院における栄養士の大切な仕事です。外来患者に対しても、糖尿病や生活習慣病の予防・改善のための栄養指導を行うなど、「食事を通じた医療」とも言える仕事を行っています。

また在院期間の長い入院患者にとって、食事は大きな楽しみのひとつです。土用の丑の日やひなまつりなどの季節のイベント時には、入院中の患者にも四季折々のメニューを提供し、ハレの日の雰囲気を味わってもらえるよう、献立に工夫を加えることがあります。

たとえ栄養的に充足された食事でも、喫食されなければ十分な治療食とはいえません。患者に「おいしく」「楽しく」食事をしてもらうためにも、病院における栄養士に求められる責任は大きいですが、大変意義のある仕事だといえるでしょう。

高齢者介護施設等

高齢者介護施設における栄養士の仕事は大きく分けて2つ。1つ目が、利用者に対して食事の楽しみを提供すること、2つ目が利用者それぞれに合わせた栄養管理です。

利用者に食事の楽しみを提供する

高齢者介護施設等の利用者にとって、食事は大きな楽しみのひとつです。利用者が安心して毎日の食事を楽しめるように、日々のメニューを工夫することはもちろんのこと、季節のイベントに応じた特別メニューを提供するなど、栄養士としての幅広い知識が求められます。

個別で栄養管理を行う

利用者ごとの食事状況を確認し、栄養不足や水分不足などのリスクの有無を把握。必要に応じ、医師や介護職員と情報を共有して、食事面から適切な対策を検討します。嚥下障害が見られる利用者には、介護食などへの変更も考えます。

学校(給食センター)

学校の給食センターにおける仕事は大きく分けて3つ。1つ目が献立の作成、2つ目が給食の提供、3つ目が食に関する指導です。

献立の作成

国が定める「学校給食摂取基準」に基づき学年に応じ、必要な栄養素やエネルギーを十分に満たしつつ、バランスの取れた給食の献立を作成します。(献立作成の方法は自治体によって異なる場合があります)

給食の提供

必要な食材の発注や調理、給食センター内の衛生管理などを通じ、献立に基づいた安全な給食を提供します。調理員に対する衛生指導も、栄養士の大切な仕事です。

食に関する指導

食育という観点から、学校における食の教育者・情報提供者として、栄養士は生徒や教師への指導、給食だよりの作成なども行ないます。

幼稚園・保育園

幼稚園や保育園における栄養士の仕事は大きく分けて2つ。1つ目が園に併設されている厨房での調理業務、2つ目が園児や保護者などへの食育業務です。

調理業務

幼稚園や保育園に併設されている厨房内にて、実際に給食を調理します。調理に先だち献立の作成や発注、予算管理などがありますが、これらの調理に付随する業務もすべて、基本的には栄養士の仕事です。食物アレルギーのある園児には、それに配慮したメニューを作ることも栄養士の大切な仕事となります。

食育業務

毎日の食事を通して「食」の大切さや楽しさを伝え、好き嫌いをなくすことの重要性などを、保育士たちとともに園児や保護者に啓蒙します。必要に応じて栄養士が保護者面談を行うなど、食育に力を入れている園もあります。

社員食堂

企業の社員食堂における栄養士の仕事は、大きく分けて2つ。1つ目が利用者に喜ばれる健康に配慮したおいしい食事の提供、2つ目が生活習慣病の予防、健康増進のための栄養管理、その他の役割を担うことです。

健康に配慮したメニューの提供

企業には、健康そのものという人もいれば、生活習慣病ぎみの人など、さまざまな人が働いています。そのような健康状態の背景の違う人たちが、どんなメニューを選んだとしても適切な栄養バランスになるよう、栄養士はしっかりと考えることが重要です。

健康増進のための活動

健康増進法の施行に伴い、多くの企業では「健康経営」の考え方が広まってきており、「社員の健康は社員食堂から」という考えのもとに、社員への栄養指導や健康相談などを、社員食堂担当の栄養士に依頼しているところもあるようです。そのような企業における栄養士は、主に生活習慣病の予防を目的に、社員に向けてさまざまな情報発信やアドバイスを行っています。

ほかに想定される職場の具体例

研究所

公的研究所や民間研究所などにおいて、栄養士は、食品の安全性などを分析する業務を担うことがあります。民間研究所においては、商品の開発業務に携わる栄養士もいることでしょう。

ドラッグストア・薬局

ドラッグストアや薬局には、薬剤師や登録販売者、一般従業員のほかに、栄養士の有資格者が働いていることがあります。健康維持を目的とするドラッグストア・薬局だからこそ、健康のベースとなる栄養問題は切り離せないテーマ。来店者への栄養相談・食事相談など、栄養士はさまざまな業務を担当します。

委託給食会社に就職する前に
知っておくべきポイント解説

多くの職場を経験でき、自分が理想とする職場を見つけられる

就業先は委託給食会社が確保するため、栄養士は自ら就業先を探す必要がありません。そのため、ひとつの職場で長く働いて経験を積むというよりかは、さまざまな職場や業態を経験できるというメリットがあります。多くの職場で働くことにより、自分がどのような職場に向いているのか探してみるのも良いでしょう。

もちろん、ひとつの職場で長く働いて経験を積む方が良いという人は、就職する会社によっては可能なところもあります。

契約数の多い委託給食会社なら、家庭と仕事が両立しやすい!

女性の場合は結婚・出産のために離職・退職するケースがあります。その場合でも、契約している施設が多い委託給食会社に勤めていれば、臨機応変に職場を見つけることができます。委託給食会社は求人数が多いため、社会復帰したいタイミングで仕事に就くことも十分可能です。

たとえば病院や社員食堂などで、なおかつ、それらが通勤圏内であれば、子供をもつお母さんでも家庭と仕事の両立ができるでしょう。しかし、そのような理想的な職場があったとしても、直接就職することは簡単ではありません。多くの契約先を持つ委託給食会社に在籍していれば、そのような理想的な職場への就業も有利になることでしょう。

病院では調理や事務作業が多いところも

病院などの施設では、患者の栄養指導や医療チームの一員としての業務は、施設側の栄養士が行うところが多いのです。

そのため、委託給食会社の栄養士でありながら、職場によっては調理や事務作業がメインとなる場合もあります。

委託給食会社に就職する場合は、職場はどのような場所なのか、希望の仕事に就けるのか、といったことを確認しておく必要があります。

委託給食会社の栄養士に
インタビュー!
お仕事内容・やりがいを
聞きました!