委託給食会社の栄養士・管理栄養士の仕事

栄養士のお仕事大百科 » 栄養士が活躍できる人気の就職先 » 委託給食会社の栄養士・管理栄養士の仕事

委託給食会社の栄養士の職場

委託給食会社とは、病院や高齢者介護施設等と契約し、その施設で患者や入所者に食事を提供する企業のこと。委託給食会社に就職した栄養士は、その委託給食会社が契約している病院や高齢者介護施設等で働きます。主な職場は以下の通りです。

  • 病院
  • 高齢者介護施設等
  • 学校(給食センター)
  • 幼稚園・保育園
  • 社員食堂

など

委託給食会社に就職する前に
知っておくべきポイント解説

多くの職場を経験でき、自分が理想とする職場を見つけられる

就業先は委託給食会社が確保するため、栄養士は自ら就業先を探す必要がありません。そのため、ひとつの職場で長く働いて経験を積むというよりかは、さまざまな職場や業態を経験できるというメリットがあります。多くの職場で働くことにより、自分がどのような職場に向いているのか探してみるのも良いでしょう。

もちろん、ひとつの職場で長く働いて経験を積む方が良いという人は、就職する会社によっては可能なところもあります。

契約数の多い委託給食会社なら、家の近くで働くこともできる

女性の場合は結婚・出産のために離職・退職するケースがあります。その場合でも、契約している施設が多い委託給食会社に勤めていれば、臨機応変に職場を見つけることができます。委託給食会社は求人数が多いため、社会復帰したいタイミングで仕事に就くことも十分可能です。

病院では調理や事務作業が多いところも

病院などの施設では、患者の栄養指導や医療チームの一員としての業務は、施設側の栄養士が行うところが多いのです。

そのため、委託給食会社の栄養士でありながら、職場によっては調理や事務作業がメインとなる場合もあります。

委託給食会社に就職する場合は、職場はどのような場所なのか、希望の仕事に就けるのか、といったことを確認しておく必要があります。

委託給食会社の栄養士に
インタビュー!
お仕事内容・やりがいを
聞きました!