栄養士のお仕事大百科

sponsored by 株式会社グリーンハウス

健康経営・ダイバーシティ

このサイトは 「株式会社グリーンハウス」をスポンサーとして、Zenken株式会社が運営しています。

栄養士のお仕事大百科 » コントラクトーフードサービスの栄養士の仕事内容 » 健康経営・ダイバーシティ

健康経営・ダイバーシティに取り組む
栄養士インタビュー

馬場 愛さん(管理栄養士)

管理栄養士の正面画像

  • 部署:人事総務部 人事企画グループ ダイバーシティ担当(兼)健康経営推進室

グリーンハウスでは一人ひとりが健康でイキイキと仕事をし、お客様にも健康を届けることを実現するために健康経営やダイバーシティを推進する部署があります。今回インタビューした馬場さん自身も、お子さんがおり短時間勤務を経て、フルタイムで働きながら、健康経営・ダイバーシティの推進をしています。そんな彼女に具体的にどのような取り組みを行っているか聞いてみました。

小さいころからレシピを検証するのが好きだった

管理栄養士の正面画像

―栄養士を志したきっかけは何でしょうか

ずいぶん前のことなので忘れてしまったのですが(笑)、働き続けたいという思いはあったので、資格を取って働けるような仕事に就こうと思いました。その中でも小学生のころから料理、特にお菓子作りが好きだったので、「食」に関わる仕事として栄養士という職を選びました。

―お菓子作りというと、パティシエを目指す子も多そうですが

単純に美味しいお菓子を作るというよりも、いろいろなレシピがある中でどのレシピが美味しくて、それでいて簡単にできるように工夫や検証することが好きな子でした。

物によっては工程が複雑だったりとか、材料が結構多かったりとか、そういうのを楽にするために、1日に同じものを異なるレシピでいくつも作っていました。だからパティシエというよりは栄養士や調理師の方が向いていると思っていました。

―中高のころにはもう具体的に栄養士を目指していたということですか

そうですね、中学高校で将来の仕事として栄養士や調理師など食と関連する資格を持った職業を考えるようになり、大学進学時に資格取得の重要性を認識して選択しました。

ただ、大学で学ぶ段階になっても栄養士の仕事の多様性を知りませんでした。漠然と栄養士といえば病院や老人施設の食事というイメージがあったのですが、そのころは自分も周りの方も健康だったので、あまりそういった食が身近なものに感じられず。

―栄養士の仕事を具体的に捉えたきっかけはなんだったのでしょうか

大学で実習の説明会にて、グリーンハウスに勤めている方から社員食堂での栄養士の仕事についてお話を聴く機会がありました。そこで1日3食のうち1食を提供する社員食堂の役割はとても大きいと感じ、社員食堂の栄養士に興味を持ちました。

―それがグリーンハウスさんとの出会いでもあったんですね

当時グリーンハウスは、Wellness&Ambienceを掲げており、食を通した健康と食に関わる快適な環境を創造することをコンセプトにしていて、食事そのものだけでなく健康や食環境を大切にしているところに共感しました。美味しく、楽しく、リフレッシュして、それでいて健康になってもらえたらすごいことなんじゃないかって。そういう栄養士を目指したいと思い、グリーンハウスへ入社しました。

一人ひとりが活躍できる環境づくりを行っています

管理栄養士の正面画像

―栄養士として元々はどのようなことしていましたか

社員食堂やレストランの栄養士業務をしていました。その後は、栄養士の上位職であるWSV(ウェルネス・スーパー・バイザー)として、担当エリアの販促活動や健康セミナーなどを担当する役職になりました。さらにATS(安全衛生統括責任者)という、栄養士のステップアップの職に就いて衛生管理を中心に、営業所の衛生巡回や改善指導を行っていました。

「ダイバーシティ担当」になったきっかけをお答えいただけますか

私は子どもが2人いるのですが、1人目の出産後は営業所の栄養士に復帰し、2人目の子どもを産んだのをきっかけに、当時の健康経営・ダイバーシティ推進室に配属になりました。復帰しようとした際、当時の人事の方とどこへ配属になるのか相談をしたところ、「新しい部署ができる」というお話があり、紹介してもらったのがきっかけです。

グリーンハウスは女性社員が多いこともあり、みなさん普通に産休・育休を取得していますし、復帰の際も元々のポジションへ戻るのが一般的です。なのでタイミングが合ったからという感じですね。

―具体的に仕事内容をお教えください

健康経営とダイバーシティ推進における企画・運営です。本業である健康貢献のノウハウを活かして自社の社員の健康づくりを進めること、ダイバーシティ推進のはじめの一歩として、具体的には役員・部長やマネージャーなど上位職にチャレンジする女性を増やす取り組みをしています。

栄養士の知識を生かして「食を通した健康貢献企業」で働く

管理栄養士の正面画像

―1日の仕事の流れはどのような感じですか

今の仕事はあまりルーティンワークがないんです。9:00ごろ出社をしてメール対応、社内外の打合せ、会議、健康イベントの運営、研修運営、メルマガ作成、年間の計画に沿って企画書や研修の資料作りをしています。その時々の状況に沿ったフレキシブルな動きが求められています。子どもがいるので、短時間勤務をしていましたが、下の子が小学校に上がるタイミングでフルタイム勤務に戻りました。制度では小学校3年生まで短時間勤務ができますが、長く預かってくれる居心地の良い学童に入れたのでフルタイムで働くことにしました。

―具体的にはどのような取り組みでしょうか

健康経営では、従業員の皆さんが健康でイキイキと仕事ができるように、ウォーキングイベントやダイエットプログラムの開催など健康イベントの企画運営や、ヘルスリテラシー向上に役立つ健康情報の発信などをしています。また、ダイバーシティでは、一人ひとりの価値観を理解・尊重する風土につながる活動をしています。具体的には、役職に関わらず「さん付け」で呼び合うことでコミュニケーションの活性化を図ったり、女性も管理職を目指す意識をもてるよう活躍を支援しています。

―今行われている仕事は栄養士とは違う業務ですが

そうですね。初めてこの仕事のお話をいただいたときに、普通の栄養職の仕事ではないと聞いて、正直ビックリといいますか、何ができるのか分からないというのが本音でした。

ですが、グリーンハウスグループは、「食を通した健康貢献企業」を目指しているので、たとえ現場の栄養士でなくても、今までの経験や知識はプラスになると思い、やってみようかなと思いました。

フレキシブルな働き方をして役割を果たしたい

管理栄養士の正面画像

―子育てをしながら仕事をする上で大変なことはありますか

子どもの学校行事や体調不良などありますので、在宅勤務や半休制度を利用して、上司や同僚に支えられフレキシブルに働かせていただいています。イベントや研修の前、外部セミナーへの参加など帰りが遅くなることもあります。

現在は夫が単身赴任中で頼ることができないので、両親にサポートをしてもらったり、ママ友と協力し合っています。日頃から周囲とのコミュニケーションをとても大事にしています。

―そのような中で達成できたことはありますか

2018年以降、継続して健康経営に係る顕彰制度、健康経営優良法人を認定取得していることが大きな収穫です。自社で進めてきた健康経営が評価され今後の課題が明確に見えてきたので、毎年ステップアップしていけるように取組みを進めています。

―グリーンハウスでは馬場さんと同じように、栄養士の幅広い活躍を推進しているのでしょうか

栄養士の資格をもっていながら、様々な分野で活躍する方は、確実に増えてきています。お客様に直接食事を提供する仕事だけではなく、広い意味で健康に貢献できる仕事が社内にはたくさんあると感じています。

―「栄養士」と聞くと、どうしても現場でのお仕事をイメージしてしまいますね

ずっと現場で働きたい人ももちろん多くいますが、将来の働き方を考えたときにどうなりたいかの選択肢の幅があることは、とてもよいことだと思います。女性は出産や育児などライフステージによっては管理職などの選択肢を避けてしまいがちです。これからの時代は女性も働く延長線上に管理職という選択肢があることは自然ですし、プライベートの時間も大事にしながら、やりがいのある仕事にチャレンジする人を増やしていきたいです。

私も最初は新しい働き方に戸惑いはありましたが、広い視野をもつことを求められることはとても新鮮で、やって良かったなと思っています。

全国の仲間たちと二人三脚で取り組んでいく

管理栄養士の正面画像

―今の仕事のやりがいを教えてください

ダイバーシティにおいても健康経営においても、方向性や施策を提案でき実施できること。そして全社に関わる仕組みや制度の導入ができることです。

これらの推進はこの部署だけでできることではないので、グループを横断して色々な人と関わりを持ち、自分だけではできないことも実現できるからこそ、やりがいを感じています。

全社で取組みを進める大変さ、事業も働き方も異なる中同じ目標をもって施策を展開する難しさは確かにあります。ですがグリーンハウスの社風なのか、人を支えたいと考え行動してくださる方が多く、たくさんサポートしてくださっています。

―全国にたくさんの仲間がいると

まさにそうです。全国に多くの現場があるので本社がいくら発信したところでなかなか情報が伝わらないこともあります。でも各支社にいる推進担当の方が率先して活動をしてくださっている。+αの活動なので仕事は増えるわけですよ。

それでもやっぱり「健康貢献企業」なので、自分たちが健康であることは大前提だと共感して、取り組んでくださっている。本当にその方々と二人三脚で進めてもらえているのが喜びであり、励みになっています。

―将来はどのような展望がありますか

弊社には本当に優秀な栄養士がたくさん所属しています。ですがそういう方たちが自分の選択肢をいつのまにか減らしてしまっている。栄養士としてより社会的に地位を高めようと思えるように、視野を広げていってもらえるような活動をしていきたいです。

また、現場で働く仲間と共に、一人ひとりが健康で働きがいのある職場づくりと「食を通した健康貢献企業」として社内外に求められるよう、サポートができればと思います。

―本日はどうもありがとうございました

ありがとうございます。

管理栄養士の正面画像

編集チームまとめ

ご自身がそうであったように、栄養士としての経験やスキルを活かして、また別の選択肢を選んでいけるような意識改革を目指している馬場さん。多くの栄養士が所属している会社ならではの取り組み、未来像が感じられました。

馬場さんが勤めている会社はココ!

sponsored by
株式会社グリーンハウス

グリーンハウスのロゴ

創業は1947年。慶應義塾大学の学生食堂からスタート。現在、国内・海外2500店舗以上を展開。企業、病院、官公庁等から委託を受け、日本はもちろんアジアで食と健康をプロデュース。多くの栄養士を抱え、創業時からの「人に喜ばれてこそ会社は発展する」を理念として、日本の「食」を支えている。

株式会社グリーンハウスの
新卒採用情報はコチラ

株式会社グリーンハウスの
中途採用情報はコチラ

【職場別】栄養士インタビューはコチラ

今広がるダイバーシティ採用

近年よく耳にする「ダイバーシティ」。ダイバーシティとは年齢や性別、学歴、国籍、性的マイノリティ、障がいなど、価値観の多様性を受け入れ、それらにとらわれずに採用を進めていくこと。

栄養士にとってもしかりで、女性活躍の推進、障がい者雇用、外国人採用、育児や介護との両立などあらゆる面で採用を推進している企業が増えてきています。

では、実際はどのようになっているのでしょうか。本サイト監修を行っている株式会社グリーンハウスは、ダイバーシティの推進への取り組みを行っており、多様性のある人材採用を行っています。

株式会社グリーンハウスの
ダイバーシティ推進の取り組み

女性活躍推進

グリーンハウスの従業員全体で女性の比率は77.9%(2015年3月末)。女性が多く活躍していることが分かります。ダイバーシティ推進の第一歩として、さらに女性が活躍できる環境整備に注力しています。

女性役員・管理職登用

グリーンハウスでは、1970年代から女性役員が活躍しています。2018年3月現在では、マネージャー層16.3%、部長層15.6%、役員層12.7%です。

厚生労働省が発表した「平成28年度雇用均等基本調査(確報)」によると、企業規模30人位上における役職別女性管理職割合で、係長相当職以上(役員を含む)が10.4%となっており、そのデータからもグリーンハウスでは多くの女性マネージャーが活躍していることが分かります。

「平成28年度雇用均等基本調査(確報)」/厚生労働省より[PDF]

育児や介護とキャリアの両立

男女共に向き合っていくべきテーマの、出産・育児・介護とキャリアの両立を達成するために、各種制度や復職のサポートなどを行っています。

多様性のある人材の活躍を支援

障がい者雇用

グリーンハウスグループでは、法定雇用率以上の約250名の障がい者の雇用を実現し(2018年10月時点)、さらに障がいのある方がより力を発揮できるような環境作りを進めています。

外国人採用

日本国内で外国人社員採用を行っており、23カ国・280名が活躍しています(2018年10月時点)。

ワークライフバランス

子育て支援金制度

子育てしながら働いている社員(男女問わず)のために、本人または配偶者が扶養している、満10歳未満のお子さんを、保育園や学童施設に通わせる場合、支援金の支給を行っています。

労働時間短縮

ノー残業デーを週2日設け、残業の削減や意識の向上を図っています。

休暇制度などの取り組み

フレックスタイム勤務制度や法定の育児・介護休業制度のほか、独自制度としては記念日休暇制度や勤続年数の節目に特別休暇を付与する節目休暇制度があります。

監修企業

sponsored by
株式会社グリーンハウス

グリーンハウスのロゴ

創業は1947年。慶應義塾大学の学生食堂からスタートした株式会社グリーンハウスは、全国の企業、病院、官公庁などから食堂経営の委託を受け、多くの栄養士が勤務しているコントラクトフードサービス(給食)会社の大手。創業者の田沼文蔵氏は昭和49年に設立された、(一財)日本給食サービス協会の初代会長を務めるなど、委託給食という分野においての草分け的存在です。

株式会社グリーンハウス
についてさらに詳しく見る

グリーンハウス
新卒採用はコチラ

グリーンハウス
中途採用はコチラ