栄養士の仕事内容

栄養士のお仕事大百科 » コントラクトーフードサービスの栄養士の仕事内容

栄養士の仕事内容インタビュー

栄養士の仕事内容を、実際に働いている方のインタビューとともに掲載。それぞれの仕事の役割や一般的な仕事内容も併せて紹介しています。

病院

病院栄養士の正面画像

病院の栄養士の仕事は、栄養学の面から病気の治療をサポートすること。治療上の制約のない一般食や医師の指示に基づいたからだや疾患の状態に合わせた食を提供します。

高齢者介護施設

介護施設栄養士の正面画像

高齢者介護施設の入所者に食事を提供する、高齢者介護施設の栄養士。栄養面からケア・マネジメントをする大切な仕事です。食べやすさの工夫やクリスマスやひな祭りなど、季節ごとにイベント食の提供なども行います。

保育園・幼稚園

保育園栄養士の正面画像

保育園や幼稚園に通う乳幼児の栄養管理を行う保育園・幼稚園の栄養士。仕事は大きく分けて「調理」と「食育」です。

小学校・中学校

給食センター栄養士の正面画像

育ち盛りの子どもたちの栄養管理を担う小学校・中学校(給食センター)の栄養士。献立の作成から調理にいたるまで、栄養バランスを考慮した業務を行っています。

社員食堂

社員食堂栄養士の正面画像

社員食堂に勤める栄養士の仕事は、健康に配慮したメニューの作成から料理の提供です。また、従業員に対しての栄養指導も行います。企業を健康・栄養面で支える存在です。

スポーツ栄養士

スポーツ栄養士の正面画像

スポーツ栄養士は、トップアスリートや社会人スポーツ選手、健康を目的としたスポーツ愛好家にいたるまで、スポーツをする方の栄養面を支える仕事です。

健康経営・ダイバーシティ

ダイバーシティ栄養士の正面画像

近年増えてきているダイバーシティの推進。女性の活躍や働き方の多様性を認め、今後ますます伸びてくる栄養士の多角化について、インタビューしました。