ブランクがあっても復帰できるか

栄養士のお仕事大百科 » 【基礎知識】栄養士のいろは » ブランクがあっても復帰できるか

栄養士は国家資格が必要な仕事のため、一度仕事を辞めてブランクがあったとしても、再度栄養士として復帰しやすい仕事と言われています。では、どのようにしてブランクを埋めて仕事をしたら良いのでしょうか?これから復帰を考えている人のために、復帰の仕方について紹介します。

結論!ブランクがあっても仕事はできる

栄養士は女性が多く、結婚や出産などをきっかけに、一度は仕事を辞めてしまう方もいるかもしれませんが、栄養士資格が消滅することはありません。

資格がないと働けない仕事は、とても重宝されます。栄養士も例外なく、重宝される職種の1つ。ブランクがあっても復帰をするチャンスはたくさんあります。

ブランクがあっても勉強をしておこう

栄養士の仕事は専門職です。そのため、ブランクがあっても専門職として採用される以上、栄養士として働ける自分を作っておかなくてはいけません。わかりません、できません、では栄養士として採用をした側も困ってしまうでしょう。

即戦力として活躍するためにも、栄養士として仕事ができるような準備や勉強はしておかなくてはいけません。例えば、2015年にコレステロールの基準が削除されました。昔のままではなく、最新の知識を身に着けておく心構えも必要ですね。

ブランクがあるからとネガティブに考えず、まずは日頃から自分の栄養士としての価値を高めておくことも、採用されやすくなるポイントです。

委託給食会社の栄養士にインタビュー!
仕事のやりがいを聞きました