栄養士の仕事はきつい?

栄養士のお仕事大百科 » 栄養士のお仕事の「気になる」を調査 » 栄養士の仕事はきつい?

監修企業に聞く!栄養士の仕事がきついと感じたら

監修者メモ

直属の上司のほか、マネージャー、リーダー栄養士など、周りにはたくさんの経験をしている先輩がいます。きっと同じ悩みを持っていた時期もある先輩だからこそ、悩みを打ち明けられる環境があります。グリーンハウスには、悩んだとき・つらいときにも支えてくれる上司や先輩がたくさんいます。

株式会社グリーンハウス

グリーンハウスのロゴ

株式会社グリーンハウスの
新卒採用情報はコチラ

株式会社グリーンハウスの
中途採用情報はコチラ

どのような仕事であれ、きつくない・つらくないという仕事はほとんどないでしょう。それでは実際にどのような点が大変なのか見ていきましょう。

栄養士の仕事で大変なところとは

体力・肉体面

仕事がきついと思う理由は人それぞれであり、そして原因もたくさんあります。栄養士の場合、きつい・つらいと思われている理由で最も多いのは、体力的なことのようです。

小学校や中学校の給食は、大量の食材を大きな鍋などで作られています。こうした大量調理の場では、重い食材や鍋を持つことや立ち続ける作業は日常のため、少々きついところがあるでしょう。慢性的な肩こりや腰痛になることもあるそうです。

慣れてくれば問題はありませんが、時間に追われて調理しなければならないため、新人のうちはプレッシャーも大きいといいます。

人間関係

次に多いのが人間関係だといわれています。これは他の職場でもそれほど変わらないかもしれません。栄養士の仕事は一人ではできません。

例えば病院の栄養士の場合、一緒に働く栄養士だけではなく、医師や看護師といった他の職種の方ともコミュニケーションを取る必要があります。そのようなさまざまな人と接するなかで、人間関係に悩む方が少なからずいるのは事実でしょう。

しかし現在、栄養士の仕事にはさまざまな範囲に広がっており、可能性もたくさんあります。こうした先輩栄養士の例を踏まえつつ、自分が栄養士として将来やりたいことに焦点をしぼって進路を考えると良いかもしれません。

栄養士の仕事がきつい・つらいと思ったときの
3つの対処法

栄養士の仕事で壁にぶつかったときの対処法を紹介します。

「頑張っているよね」と自分の心に語りかける

自分に対して「大丈夫、自分は頑張っている」「つらいよね、分かるよ」と語りかけてみましょう。これだけで安心感が生まれることがあるのです。

真面目に一生懸命働いている人ほど、自分はまだまだ未熟であると追い詰めてしまいがちです。しかし常に自分にプレッシャーを与えていたら、身も心ももちません。

頑張ることは素晴らしいことですが、仕事へのモチベーションが下がってしまっては、元も子もありません。自分だけは自分の味方にして、甘えさせてあげましょう。

自分へのご褒美を作る

これは多くの方が行っている方法です。ここを乗り切ったら、大好きなスイーツを食べに行く、エステやマッサージに行く、旅行に行って羽根を伸ばすなど、どんなことでもいいので自分にとって楽しみなことを用意しましょう。

その日までは頑張ろうと、前向きに働くことができます。そして、それが達成されたら、新たなご褒美を作ればよいのです。

時には一人で泣いてみる

一人になったときに気が済むまで思いっきり泣いてみるのも良いでしょう。涙にはストレスを一緒に流してくれる作用もあるのでおすすめです。業務時間内に溜め込んだストレスを、涙と一緒に発散しましょう。

ただし、一社会人として職場や人前で泣くことはおすすめできません。