子育てしながら栄養士はできるのか

栄養士のお仕事大百科 » 【基礎知識】栄養士のいろは » 子育てしながら栄養士はできるのか

子育てをしていると、それだけで手一杯になってしまい、仕事をする余裕がない、という人も多いでしょう。しかし、最近は共働きが当たり前の世の中です。子育てをしながらも、社会と関わりあって仕事は続けていきたいと考える女性も多いのです。特に栄養士資格は苦労して取得したのですから、長く働き続けたいと思いますよね。では、どのように子育てと両立したら良いのでしょうか?

福利厚生を確認しよう

子育てと仕事の両立は、決して不可能ではありません。社会には、子育てと仕事をうまく両立させながら日々を送っている方が大勢います。

大事なことはまず会社の福利厚生をチェックしましょう。会社によって、育児への理解やサポートは様々。一つの会社で長く働き続けるのであれば、育児への理解やサポート体制の整っている企業に勤めるのが良いでしょう。栄養士を多く採用している、委託給食会社の場合は、育児に対して理解もあり、福利厚生も整備されています。

子供が小さいと、急に体調を崩したりして早退しなくてはならない日もあるかもしれません。そんなときに職場の仲間に協力してもらえるような関係づくりも大切です。

時短勤務やパートとして働く

子育てをしている間は無理なく働きたい、という人は会社の制度を利用した時短勤務やパートとして働くのも選択肢の1つです。一時的でもフルタイムで働くことよりも、時間に融通も利きやすいでしょう。その時々の生活状況に応じて、上司に相談することで働き方を変えることも、ムリなく長く勤めることのできる秘訣です。

栄養士は再就職しやすい!

栄養士は資格職です。資格がなければ栄養士として働くことはできません。その反対で、資格さえあればずっと栄養士として働くことができます。そのため、結婚や出産で一度職場を離れても、再就職しやすいと言われています。

企業のニーズと自分のライフスタイルがマッチした仕事の仕方を見つけられるといいですね。家族を優先したいとなれば、土日が休みの職場を探すのもいいですし、できるだけ子供と過ごしたいと考えるのであれば、お昼までに仕事が終わる職場を選ぶのもいいのではないでしょうか。

委託給食会社の栄養士にインタビュー!
仕事のやりがいを聞きました