向いている人・不向きな人

栄養士のお仕事大百科 » 【基礎知識】栄養士のいろは » 向いている人・不向きな人

どんな仕事にも向き不向きがあると言われていますが、栄養士にもそれはあるのでしょうか。ここではどのような人が栄養士に向いているのか向いていないのかといった適性についてみていきます。

栄養士に向いている人

栄養士に向いている人はどんな人なのか、ひとつずつチェックしてみましょう。

食べ物が好き・食に関心がある

当たり前ですが、栄養士は栄養のプロです。食についてのアドバイスをするのが仕事ですので、栄養士自身が食に対してなんの興味もなかったり、食べるものに気をつけない人だったりすると、対象者に対してのアドバイスが伝わらないでしょう。ただ単純に食べることが好きという人も向いています。

料理が好き

栄養士は献立を考えたり栄養のアドバイスをしたりするだけではなく、実際に現場で調理をすることもあります。料理は食べる人のことを思いながら作るものです。少しでもおいしく食べてもらえる工夫をするためにも、料理が好きな人が栄養士に向いているといえます。

自己管理ができ、体力のある人

栄養士の仕事は、対象者に健康でいてもらうために、献立を考えたり栄養のアドバイスをしたりします。栄養士自身が不健康だと信頼を損ねることになります。常に自分自身の健康にも気を配る人が栄養士に向いています。さらには重い食材や調理器具を持つなど、かなり体力を使う業務もありますので、体力に自信のある人が求められます。

人と接することが好き、対象者の気持ちを考えられる

栄養士は、栄養アドバイスなどを通じて多くの人と接する機会の多い仕事です。乳幼児から高齢者まで、幅広い世代の人々とのコミュニケーションを楽しみながら、対象者のことを考えて行動できる人が向いているといえます。

責任感がある

事業所によって違いますが、職場に栄養士が一人というところも少なくありません。調理員の方に指導をすることもありますので、リーダーシップと責任感を持って仕事に取り組んでいかなければなりません。

思いやりがある

栄養士が栄養指導をする対象者は、健康状態の悪い方や介護が必要な方、またはこれから成長していく子どもたちです。栄養指導のプランを立てても、すぐに結果がでることは少なく、長い目で見守る必要があります。栄養士には、対象者の声に耳を傾け、思いやりを持って対応する優しさが必要です。

書類管理能力が高い人

栄養士は、多くの書類を扱う仕事です。例えば使用水、清掃、保存食、中心温度記録などの点検表。また発注書、納品書、予定献立、実施献立、日計表、給与食品検討票、給与栄養量などがあります。

この他にも書類はありますが、これらの書類は毎日記録するもの、定期的に記録するもの、随時変わったら記入するものなど、記録のペースも様々です。書類ごとに記録する頻度や内容を考え、正確に記入することが重要です。

書類をまとめることが苦手な方や、よく紛失してしまう方は、書類管理の方法を勉強しておくと良いです。仕事に就いてから覚えればいいという甘い考えはやめましょう。書類の管理能力は仕事に就いたからできるものではなく、習慣づいていないとできないからです。

相手に対して自分の意見を話せる人

栄養士は、職場の中で様々な職種の人とコミュニケーションをとりながら仕事をします。そのため、一緒に働く仲間に対して、栄養士として自分の意見をしっかりと伝えることが大切になってきます。

例えば、食事に時間がかかる患者さんや施設の利用者に対して、看護師や介護士には「〇時間での喫食をお願いします」と伝える必要があります。また、冷蔵庫等の備品が壊れた場合は、修理・購入費用に予算を回してもらえるように伝えなくてはなりません。食中毒など大きな事故を起こさないためにも、栄養士の立場で主張する必要があるのです。

これらはすべて、患者さんや施設の利用者のために行う大切なことです。仕事場での人間関係を気にするあまり、伝え漏れるといったことがないようにしましょう。

責任感がありリーダーシップを発揮できる人

職場によっては現場に栄養士が一人という場合があります。そのため仕事に対して責任感を持って臨める人が向いていると言えます。また栄養士は、調理師やパート社員たちに直接指導をするため、リーダーシップをしっかりと発揮できる人が向いていると言えます。

これまでリーダー経験の少ない方は、「私には人をまとめるなんて無理」と思ってしまうかも知れませんが、焦る必要はありません。仕事を覚えるのと同様に、リーダーシップも徐々に身につけていけば良いのです。

栄養士に不向きな人

コミュニケーション能力が低い人

栄養士にとってコミュニケーション能力は必要不可欠。例えば病院では、相手に信頼感と安心感を与えることが求められます。栄養指導を行ったからといって、すぐに効果を得られるものではありません。毎日の継続が最終的に患者の健康につながるため、患者の信頼感を得るために、コミュニケーションが必要なのです。

病院以外にも、高齢者介護施設や学校(給食センター)、社員食堂などでも、取引先や職場の調理師、パート社員などと密にコミュニケーションを取りながら、食事提供を行います。

勉強しない人

栄養士のお仕事は、日々覚えなくてはいけないことがたくさんあります。そのため勉強が嫌いな方や向上心のない方は向いていないといえます。

想像力がない人

栄養士は常にその人のそばにいられる職種ではありません。大げさにいうと資料だけを渡されて、顔も知らない人の栄養の課題や今後に向けての計画を立てなくてはならないことがあります。そのため、その人がどのような人なのか、どんなことに課題を抱えているのかの想像力が必要なのです。

先輩栄養士にインタビュー!
私が栄養士になった理由