【新卒向け】栄養士の就職活動マニュアル

栄養士のお仕事大百科 » 【新卒向け】栄養士の就職活動マニュアル

栄養士として就職活動をする前に
絶対にやるべき2つのこと

目標設定を明確に

まず、目的意識をはっきりさせましょう。とはいっても、すでに高校生のうちから目的意識がはっきりとしていて進学を決めたという人もいれば、働くということを漠然と思い描いていただけで、ただなんとなく進学して今に至るという人も多いと思います。

ゆとりを持った就職活動で目標設定を立てやすくなる

病院や企業の採用にはいくつかのパターンがあり、自分が目指す職場の就活がいつから始まるか、自分で判断しなければなりません。在学中に内定をもらうことを前提に逆算すると、ゆとりを持って企業情報を収集し比較検討することができます。

内定をもらえない人は初動が遅い

なかなか内定をもらえない人を分析してみると、応募している目標が定まらず、内定さえもらえればどこでもいいという人達が多いようです。

自己分析を徹底する

一般的に、就活を始める前に事前に準備しておきましょうといわれる「自己分析」。面倒だからなかなか就活をはじめられないという人は、これを後回しにして、一歩前に踏み出すことができないのだと思います。

自己分析は自分が何を実現したいのかの指標にもなる

しかし、自己分析をすることで、自己PRの材料になる自分の長所や短所を知ることができます。自己分析を早く行えば、自分に合う職場の条件を自分のなかでイメージすることができ、それにふさわしい企業を探すことができます。ここが肝心です。面倒くさがらず早いうちから取り組むようにしましょう。

栄養士の就職活動の気になる部分を調査

各プロセスにおける対策方法をもっと詳しく知りたい方は、次のコンテンツをぜひご活用ください。

求人倍率はどれぐらいなの?

就職活動を始めるにあたって、気になる栄養士の求人倍率。厚生労働省の発表する数字だけでは、職域によって違う求人倍率や施設の規模によって大きな幅があることまでは知ることができません。そんな栄養士の求人倍率、背景にある採用動向などを詳しく解説しています。

履歴書の書き方にコツはある?

履歴書を作成する際に気をつけなければならないことや心構えなど基本的な履歴書の書き方を栄養士ならではのポイントも踏まえ、ご紹介しています。

面接対策はどうすばいい?

面接は、緊張しても失敗してもいいから、そこで働きたいという熱意を伝えることが大事。とはいってもやはり心配だという方のために、好印象を与えるコツを、ご紹介しています。