NST専門療法士と管理栄養士の仕事内容

栄養士のお仕事大百科 » 【基礎知識】栄養士のいろは » NST専門療法士と管理栄養士の仕事内容

栄養サポートチーム(NST)専門療法士と管理栄養士の関係について、ここでは解説していきます。


まずはじめに、このNST(Nutrition Support Team=栄養サポートチーム)の説明になりますが、NSTとは低栄養状態の患者を対象として栄養管理を行ない、病態の快復を目的として関連する各分野の専門スタッフが連携して最良の方法で栄養支援をするチームを指します。


そもそも栄養サポートチーム(NST)とは?

発祥は1968年のアメリカです。当時は中心性脈栄養(TPN)が開発されたことから、その安全管理を目的として生まれたそうです。その後、日本でも1998年にNSTが導入され始め、昨今では1500以上の施設で採用されるまでになりました。


NSTと栄養士の関係は?

栄養サポートチームなので、当然、栄養士もメンバーとして加わることが可能です。


しかし、ほかにも看護師や薬剤師、また意外かもしれませんが、栄養管理とはあまり関係なく思われる、放射線技師やセラピスト、医療事務というようにメンバーも多種多様です。このようにNSTに関わるのに栄養士のように栄養に特化した専門職に就かねばならないということはないようです。


NST専門療法士はチームで動く

さて、様々な職種の医療スタッフが患者のサポートを行うのがNSTと紹介しましたが、NSTは名が示す通りチーム医療です。そのため、例えば医師や管理栄養士と連携し、栄養状態の芳しくない患者さんのサポートをそれぞれの専門職の強みや利点を生かすことで、より早期快復が目指せるようになります。栄養状態が改善されると、疾患の快復が早まるだけではなく、合併症の予防、QOL(生活の質)の向上にもつながり、退院の日数を短くすることも可能です。


他のチームとの連携することもある

NSTは、栄養管理を行う際には、静脈、経腸、経口を考慮しながら行ないます。


そのため、例えば食物を咀嚼できない患者さんなどの口腔ケアや食べる機能の回復を目指す摂食・嚥下対策チームとの連携を行なうことも。ほかにも、寝たきりもしくはそれに近い状態の方の予防や早期発見をする褥瘡(じゅくそう)管理チームと連携し、床ずれなどの部分を治療だけではなく、全身の栄養管理を行ないます。


NSTの中での栄養士の役割は?

以下記事を参考に、その役割を確認してみてはいかがでしょうか。


“管理栄養士の役割は、NSTの普及とともに大きく変わった。厨房から病棟へと活動の場は広がり、栄養療法の専門家として果たさなければならない役割も大きい。管理栄養士は、チーム医療における医師や看護師と対等な関係で専門的役割を担うとともに、高齢者に対する栄養管理、生活環境や病態別の具体的な栄養管理、身体状況や栄養状態に応じた具体的な栄養管理など、様々な栄養管理方法に対しての指導・提言が求められている。”

引用元:「看護師からみたNST管理栄養士の役割」
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjspen/24/2/24_2_571/_pdf/-char/ja


厨房から患者さんとのふれあいまで

上記の引用記事にもありますが、これまでは病院の栄養士は、医師からの食事箋に基づいて食事を用意していましたが、NST活動の普及にともなって、これまでは厨房の中の仕事から病棟の患者さんとコミュニケーションに至るまでその活動が広がっているため、その役割も、安全でおいしい食事を提供するだけではなく患者さんとのふれあいまでがその役割なのではないでしょうか。


栄養士がNSTに入るには?

「NST専門療法士」という資格を取得すると、チームに入る際は有利になるとされています。取得条件としては、以下を参考にしてください。


NST専門療法士の認定を申請する者は、次の各号の資格を全て満たす者であることを要す。

  • (1)日本国の以下に掲げる国家資格を有すること。
    認定対象国家資格:管理栄養士、看護師、薬剤師、臨床検査技師、言語聴覚士、理学療法士、作業療法士、歯科衛生士、診療放射線技師

  • (2)当該国家資格により5年以上、医療・福祉施設に勤務し、当該施設において栄養サポートに関する業務に従事した経験を有すること。

  • (3)本学会学術集会に1回(10単位)以上、本学会主催のNST専門療法士受験必須セミナー(旧JSPEN臨床栄養セミナー、コ・メディカル教育セミナー10単位)に1回以上参加することを必須とし、この単位数を必須単位数とする。必須単位数30単位以上を有するか、または、必須単位数に加え、本学会が認める栄養に関する全国学会、地方会、研究会への参加単位数の合計が30単位以上あること。なお、「バーチャル臨床栄養カレッジ」修了証については非必須10単位を認める。

  • (4)第4章の規定により認定された認定教育施設(以下、認定施設)において、合計40時間の実地修練を修了していること。

  • (5)上記(1)から(4)までの条件を満たした後、認定のための試験に合格していること。
  • 引用元:日本静脈経腸栄養学会「栄養サポートチーム専門療法士認定規程」より
    https://www.jspen.or.jp/qualification/nst/protocol/


    つまり、管理栄養士がNSTの認定を受けるには(1)〜(5)をクリアすることが必要となります。


    ※専門療法士の認定を受け資格を取得することが、チームに入る絶対条件でありません。


    NST専門療法士の認定試験の詳細

    NST専門療法士の認定試験について、試験情報や試験対策などを紹介します。


    認定試験の実施日時と申請期間

    認定試験の実施は、年1回行われます。
    日本静脈経腸栄養学会のHPによると、2019年は以下の通りです。

    • 日時:2019年11月3日(日)13:00~15:00
    • 会場:国立京都国際会館
    • 所在地:〒606-0001 京都市左京区岩倉大鷺町422番地
    • 申請期間:2019年7月1日~7月31日(消印有効)

    引用元:日本静脈経腸栄養学会HP
    https://www.jspen.or.jp/%E8%AA%8D%E5%AE%9A%E5%8C%BB-2019%E5%B9%B4%E5%BA%A6%E8%AA%8D%E5%AE%9A%E8%A9%A6%E9%A8%93%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E5%85%AC%E5%91%8A/


    NST専門療法士として管理栄養士が働いた場合の給与は?

    インターネットの求人情報を確認すると「NST専門療法士」の情報はまだまだ少ないため、参考となるものはないようです。しかし、資格取得者はその分の知見が給与に反映される傾向があり、管理栄養士の求人においては「NST有資格者優遇」としているところも見られます。


    NST専門療法士としての管理栄養士のやりがい

    自身以外の専門分野のメンバーとチームを組むことになりますから、栄養管理だけではなく多職種の知識や技術を学び続けることができます。また、自分たちがサポートした患者さんが元気に退院していく様子をみると、やりがいを感じるのではないでしょうか。