直営施設の栄養士・管理栄養士の仕事

栄養士のお仕事大百科 » 栄養士が活躍できる人気の就職先 » 直営施設の栄養士・管理栄養士の仕事

栄養士を採用している直営の施設

直営の施設とは、栄養士を直接採用している施設のことです。主な直営の施設は以下の通りです。

  • 病院
  • 高齢者介護施設
  • 幼稚園・保育園
  • 学校(給食センター)

それぞれ働く職場によって、働く内容は変わってきますが、食事を通じて患者や入所者、生徒などの健康と栄養を管理するという大きな役割は変わりません。

直営の施設の栄養士と委託給食会社の栄養士の違いは?

直営施設の栄養士と比較されるのが委託給食会社の栄養士。直営施設の栄養士は、自身が採用された施設でしか働くことができませんが、委託給食会社の栄養士は上記の施設のうち、会社の契約先で働くことになる点に大きな違いがあります。

委託給食会社の栄養士について
詳しく見る

直営施設に就職する前に
知っておくべきポイント解説

現場の細部まで自分の責任で仕事ができる

一番のメリットは、現場の細部まで把握できることにあります。

保育園の栄養士は、献立を考えて調理したり、子どもたちのおやつを作ったり、事務作業までこなします。直接雇用されることで、食事に関するあらゆることを任されますので、さまざまな場面で臨機応変に対応する力もつくでしょう。

医師や看護師とチームを組んだ栄養管理ができる

病院や高齢者介護施設では、栄養士を直接雇用しているところが多くあります。そこでの栄養士の主な業務は、患者や入所者の栄養管理になります。

たとえば病院で、医師や看護師と医療チームを組んで、栄養管理を行うNSTという活動を行えるのは、直営施設の栄養士のみです。責任ある対応が求められる一方、やりがいのある仕事だともいえるでしょう。

人間関係が狭くなってしまう可能性がある

さまざまな職場で働くことができる委託給食会社の栄養士とは違い、直営施設の栄養士は同じ職場で働き続けるため、人間関係が限定的になってしまう可能性があります。

転職したいと思ったときの後ろ盾がない

直営施設の栄養士は施設に直接雇われているので、人間関係などに行き詰まったことを理由として転職したいと思った場合、その施設を辞めて、自身で再就職先を探さなくてはならないケースも少なくないと思われます。

一方、委託給食会社の栄養士の場合、その職場が合わないと思ったら、採用先の委託給食会社が別の職場を紹介してくれるなど、再就職をしなくても済みます。

直営施設の栄養士は求人が少ないので狭き門である

直接雇用の栄養士は人気がとても高く、採用は退職した職員の補充がメイン。求人が少ないので、就職が難しいといえます。

現役の栄養士にインタビュー!
お仕事内容・やりがいを
聞きました!