働きながら管理栄養士の資格を取得する方法

栄養士のお仕事大百科 » 【基礎知識】栄養士のいろは » 働きながら管理栄養士の資格を取得する方法

栄養士の資格はあるものの、既に社会人として働き始めてから管理栄養士を目指すには、資格を取得しなくてはなりません。仕事で忙しくて資格の取得は難しいと考えられていますが、やる気と努力さえあれば資格の取得は可能です。社会人になってから管理栄養士を目指す人に、資格取得の方法をご紹介します。

まずは受験資格を満たしましょう

管理栄養士になるためには、管理栄養士国家資格に合格しなくてはいけません。国家資格は誰でも受験できるわけではなく、受験資格が設けられています。管理栄養士の場合は、国が指定した栄養士養成施設もしくは管理栄養士養成施設で学ばなくてはなりません。

また、栄養士資格のみ取得している方は、実務経験が求められます。4年制卒の場合は1年、3年制卒の場合は2年、2年制卒の場合は3年の実務経験が必要です。

国家試験対策に通信教育や学校の講座を受講することも考える

国家試験に合格することは、決して容易なことではありません。卒業して間もない人であれば、短期集中で学んでも取得できるかもしれませんが、社会人として働いている人はそういうわけにいかないですよね。仕事をしながら勉強をすることは、とても大変です。

効率よく学べる通信教育や管理栄養士養成校の対策講座を受講するなど、自分に合った勉強法を見つけましょう。

資格取得には時間がかかることも考慮

社会人として働いている以上、勉強以外にすべきことはたくさんあります。そのため、短期間で合格をすることは難しいケースが多いです。資格取得をしようと思っても、まずは学校に通って学び、そしてその後に実務経験を経てようやく管理栄養士の受験資格を満たすことができます。もちろん受験資格を満たしたからといって簡単に合格できるわけでもありません。資格取得には年単位の時間がかかることも知っておきましょう。

同じ目的を持った友人ができる

学校に通うとなると、同じ目的を持った友人ができます。社会人経験を経て、管理栄養士になりたいと思って学んでいる人もいるはずです。社会人経験を経ている人のほうが、強い思いを持って入学してくることが多く、そのような人達と友人となり、お互いに切磋琢磨しながら学ぶことで「管理栄養士になる」というモチベーションを高めることもできそうです。

委託給食会社の栄養士にインタビュー!
仕事のやりがいを聞きました