栄養士のお仕事大百科

sponsored by 株式会社グリーンハウス

栄養士監修の食事管理アプリ

このサイトは 「株式会社グリーンハウス」をスポンサーとして、Zenken株式会社が運営しています。

栄養士のお仕事大百科 » 【基礎知識】栄養士のいろは » 栄養士監修の食事管理アプリ

栄養士が監修するアプリは、ユーザーが健康的な食事習慣を確立し、栄養バランスの取れた食事を計画しやすくするためものです。個々の健康目標や栄養ニーズに合わせた食事アドバイスや情報を提供し、食事管理をサポートしてくれるものも多く、アプリの種類は実に十種類以上も存在します。

栄養士自身も利用することも多い管理アプリの基本的な目的と機能を紹介します。

栄養士監修アプリの目的と機能

オリジナルの栄養アドバイス

ユーザーは自分の健康状態や目標に基づいて、専門家が提供する栄養アドバイスを受けることができます。アプリは、ユーザーの体重、年齢、性別、アクティビティレベルなどを考慮して、適切なカロリー摂取量や栄養素のバランスを提案します。

プランニング

栄養士が設計した食事プランやレシピを提供し、ユーザーが日々の食事を計画しやすくします。食材の選択や調理方法に関するアドバイスが詳しく記載されます。

データベース

アプリは、多くの一般的な食品の栄養情報を含むデータベースを提供し、ユーザーが食品の栄養価を迅速に調べることができます。

記録方法

ユーザーは自分が摂取した食品や飲料を記録し、アプリが管理します。 これにより、ユーザーは自身の食事習慣を可視化し、改善の余地を見つけることができます。 記録方法は「メモをする」「食べたものの写真やバーコードを撮影する」など アプリによってその機能はさまざまです。

進捗管理

ユーザーの健康目標に向かって進捗を追跡し、必要に応じて調整を行うための リマインド機能がついているアプリもあります。

健康情報の収集

アプリは、栄養に関する記事、レシピ、栄養学に関する情報などを提供し、ユーザーが栄養に関する知識を向上させるのに役立ちます。

その他.カスタマイズ性

ユーザーは個別の好みや制約(アレルギー、食事制限など)に合わせて食事プランをカスタマイズできます。

栄養士自身も利用している

管理栄養士・栄養士も 対象者に状況を説明したり、教育の観点からアプリを利用することがあります。 指導に対する説得力が増すこともポイントです。 食事記録をつけ、栄養士がそれを確認することで、より効果的なサポートが可能となります。

また、一部のアプリに搭載されているメッセージ機能は 対象者と栄養士のコミュニケーションツールとしても活用できます。 隙間時間に行える勉強法としても、便利だと言えるでしょう。

管理栄養士試験の学習アプリ

専門知識やスキルを習得し、 管理栄養士の資格試験に合格するための学習をサポートする側面もあるようです。 過去の試験の問題集・質問集や模擬試験などの提供もあるため、 実際の試験に対する準備に役立てることができます。

「管理栄養士 過去問題」「管理栄養士 国家試験対策」 「栄養士 国家試験過去問」・・などで、調べることができるので、 自分に合ったアプリを見つけましょう。

本サイトの監修元となっているグリーンハウスグループも 累計会員登録者数が900万人以上の「あすけん」というAI食事管理アプリを開発・運営しています。

あすけん公式サイトはこちら


「続けやすさ」と「食べるダイエット」を売りとしており、 簡単な操作性、管理栄養士のノウハウにより適切なアドバイスで人気を博しています。 また、健康経営の推進・ホワイト500や健康経営優良法人の取得・医療費の削減などを 目指す企業・健保・自治体に、広く導入されています。

栄養士が監修するアプリは、10種類以上存在するため 選ぶのも難しいかと思いますが、活用する目的を認識し、自分に合った便利な機能を持つアプリを探しましょう。

グリーンハウス
新卒採用はコチラ

グリーンハウス
中途採用はコチラ