栄養士が退職する理由

栄養士のお仕事大百科 » 【基礎知識】栄養士のいろは » 栄養士が退職する理由

栄養士が退職する理由はどんなものが多い?

栄養士や管理栄養士が退職を決意する理由としてあげられるのは、労働環境や人間関係です。

職場の雰囲気や労働環境が合わない

栄養士として入社したものの、主に厨房での業務がメインとなり、気がつけば長時間の立ち仕事など、肉体面で退職を考える人は少なからずいます。

意志の疎通がうまくいかない

どの業種でも、人間関係の悩みはつきもの。栄養士の主な職場である病院や高齢者介護施設では、医師や看護師、介護士といった他の業種の人たちとコミュニケーションを取りながら仕事をします。

事業所にもよりますが、基本的に1か所の職場における栄養士の人数は少なく、たった一人で業務を行うこともあり、相談できる相手がいない場合は不安を感じてしまうこともあります。

食にかかわる職種への転職

食にかかわる他業種への転職も、栄養士や管理栄養士が退職をする理由のひとつ。栄養士や管理栄養士が身につけた知識を活かし、フードコーディネーターや料理研究家など、食にかかわる他の仕事で活躍を目指す栄養士も少なくありません。

早期に退職しないためには就職先選びが重要

相談相手も少ないなかで、人一倍の努力をしているにもかかわらず、その努力が報われずに厳しい労働環境のなか、仕事を続けていくのはとてもつらいものです。

施設の栄養士が、前述のような人間関係や労働環境の悪化が原因で退職すると、必然的に新たに就職活動が必要になります。

一方で委託給食会社の栄養士は、職場が自分には合わない、離れたいと思ったら、会社が異動の相談にも乗ってくれます。

失敗しない栄養士の就職先の選び方はコチラ