栄養士が取得しておくと有利な資格とは

栄養士のお仕事大百科 » 【基礎知識】栄養士のいろは » 栄養士が取得しておくと有利な資格とは

栄養士の資格以外にあわせて取得しておくと有利な資格をいくつか紹介していきます。より知識が広がり現在の職場で役に立つだけではなく、就職や転職の際に有利になります。

糖尿病療養指導士

糖尿病の発症には1型と2型の2つの種類があります。そのうち2型糖尿病は「食生活の乱れ」「肥満」「運動不足」などの生活習慣が原因といわれています。

糖尿病療養指導士は、糖尿病について幅広い知識と、患者さんが自己管理ができるよう適切に指導、援助していくエキスパートとして大切な役目を担っています。受験資格は管理栄養士の資格を有する人で、5年毎の更新があります。

食品保健指導士

トクホといわれる特定保健用食品や栄養機能食品は、国の認定を受けた健康食品ですが、それ以外の健康食品については、明確な定義がありません。そこで日本健康・栄養食品協会が、基準を満たした健康食品にJHFA(認定健康食品)制度を設け、消費者が健康食品を選びやすくしました。

食品保健指導士は、日本健康・栄養食品協会が設けた資格で、日本で販売されている健康食品を消費者が正しく利用できるよう指導や相談を行う専門家のことです。

サプリメントアドバイザー

サプリメントアドバイザーとは、サプリメント・健康食品に関するアドバイスを行えるよう、日本臨床栄養協会が定めた民間資格です。サプリメントアドバイザーは、消費者が適切にサプリメントを選べるよう、アドバイスをします。

消費者にとってサプリメント選びはとても難しく、多くのサプリの中からパッケージや品質表示を見ただけでは、自分にとって適切なものを選ぶことが困難です。健康のために飲むサプリメントが逆に健康を損なわないよう正しく摂取するために、専門的観点からアドバイスを行えるのがサプリメントアドバイザーなのです。

健康運動指導士

健康運動指導士は、個人の心身の状態に応じて、効果的な運動ができるよう、運動プログラムの指導を行う専門家です。

健康運動指導士は、生活習慣の予防や個人の健康なからだづくりのために、支援を行っています。平成18年度から厚生大臣の認定を受けた事業として、公益社団法人健康・体力づくり事業財団が創設されました。健康運動指導士は病院や高齢者介護施設、保健所などで活躍しています。

フードコーディネーター

フードコーディネーターは、特定非営利活動法人 日本フードコーディネーター協会が定めた民間資格です。食のトータルクリエイターとして食品メーカーや飲食店でのメニューの開発やコンサルティング、また、テレビや雑誌向けに料理をおいしそうに見せるための盛り付けを行ったり、独立して料理教室を開いたりして、さまざまな分野で活躍しています。資格認定試験は3級から1級まであり、毎年1回実施されています。

委託給食会社の栄養士にインタビュー!
仕事のやりがいを聞きました